脚本・シナリオを勉強して放送作家になる方法

バラエティなどの番組内容・構成を考える放送作家。どうすれば放送作家になれるんだろうと考えているのなら脚本・シナリオの創作方法から学んでステップアップを目指しませんか?
放送作家と脚本・シナリオの関係を徹底解明!

ビジネス疑問とひらめき

脚本・シナリオを勉強して放送作家になる方法

放送作家とは
放送作家はテレビ・ラジオ番組などの台本を書く人のこと。番組を構成する役割もあるため構成作家と呼ばれることも多い職業です。
放送作家が担当するジャンルはドラマと報道番組以外のすべて。各放送作家によって得意分野はありますが、バラエティ・音楽番組・ドキュメンタリーなど様々な番組で活躍することになります。
フィクションのドラマ以外にも台本はあるの? と思うかもしれませんが、番組内でうまく進行するための「フリ」になるセリフや番組内で流れるナレーションなどはすべて放送作家によって考えられたものなのです。

放送作家になるには

放送作家になる道のりは様々で、人によって違います。
企画書を書いて番組制作会社に持ち込みを続ける人・制作会社のADから下積みをする人・ドラマなどの脚本を書いていた人が放送作家に転身する場合もあります。
ほかにも売れっ子放送作家の弟子として、事務所などに所属し経験を積む人もいるようです。
さらにはラジオ番組にハガキを投稿し続けてパーソナリティに「センスがある!」と認められれば放送作家として道が開ける可能性も出てきます。

放送作家に必要なこと

放送作家には学歴や資格は必要ありません。
必要なのは「大勢の人が面白いと感じることを見つける力」「発想力」「分かりやすい説明文が書ける力」「広い知識」です。
放送作家は視聴率を上げることを求められ、プレッシャーをかけられることも度々あります。
そんなときに視聴率を上げられる「お決まりの番組」を作ってしまいがちですが、それでは売れる放送作家にはなれません。
また「大勢の人が面白いと感じる題材」を見つけられたとしても、プロデューサーなどにその面白さを伝える文章力がなければ企画書は通りません。
面白いことを見極めながら、文章で面白さを伝える練習も必要です。

放送作家に脚本・シナリオの勉強は必要?

放送作家になるためには「番組を盛り上げる構成力」も必要な資質のひとつ。「ゲストはどのタイミングで登場したら盛り上がるのか」などを見極めるのも大切な仕事です。
この盛り上がりの構造を知るためには脚本・シナリオの構造を学ぶのが一番の近道と言えるかもしれません。

まとめ

売れる放送作家になるためには様々な資質が必要なようですね。勉強法はいろいろありますが、名作と言われる作品の脚本・シナリオを分析してみるとより面白い番組作りに役立ちそうです。
面白いことを見つけるだけでなく、面白さを演出する方法も学んでみましょう。

SNSでもご購読できます。